肌トラブルの場合には施術しないほうがいい?

レーザー脱毛施術で一番気をつけるべきなのが肌の乾燥と火傷です。

基本的に肌トラブルのある部分、ひどく日焼けした場合は施術できないことが多いです。

日焼け肌にも対応してくれるレーザー機器もありますが、ライトシェアデュエットでは日焼け肌への照射はできないことになっています。

基本的に日焼け肌は乾燥がひどいので、肌のためにはよくありません。レーザー照射によってより肌を乾燥させ、トラブルのもととなってしまいます。

レーザー脱毛で考えられる副作用として、肌の乾燥、炎症、火傷、毛嚢炎

硬毛化、増毛化などが挙げられます。

こうした副作用が起こるかどうかは個人差がありますし、またレーザークリニックでの出力調整や経験値にもよりますので、腕のよい、経験豊富な皮膚科医、クリニックを見極めましょう。

日焼けした肌で火傷することはある?

前述のように、日焼けしていても大丈夫なレーザー機器もありますが、日焼けした肌は乾燥がすすみ、火傷の原因になりやすいのでトラブルの原因となります。

基本的にライトシェアデュエットは濃く日焼けした肌には施術しません。他、皮膚の色素が強いとか皮膚が柔らかい、骨に近い場所には痛みが伴いますので、患者さんの苦痛を考えてもこれらの部分を除いて施術します。

施術可能な場所でも痛みが強い場合は麻酔を使うこともあります。基本的にライトシェアデュエットは大きな脱毛効果が期待でき、安全な施術方法となります。



アリシアクリニック